確定申告と「年金」の関係とは

また、年齢により年金受給者となります。
確定申告と年金について知っておくべきことが色々とありますので紹介しますね。
雑所得の中の公的年金などの雑所得と、その他の雑所得に分けられています。
国民年金、厚生年金などの社会保険制度の下での年金と言うものは公的年金になります。
また、退職年金なども公的年金に含まれると言うことです。
その他の雑所得は、生命保険会社などとの間で個人的に掛けていた個人年金になります。
それから、大事なことがひとつあります。
それでは、年金所得者は、全て確定申告をしなければならないのでしょうか!?。
公的年金の収入額が400万円以下で、その他の所得額が20万円以下なら確定申告をする必要がないと言うことです。
また、年金の中でも「遺族年金」や「障害年金」などは非課税になります。
ですから、確定申告の対象とはなりませんよ。
確定申告が不要とされた場合においても、公的年金から源泉徴収されている場合は所得控除の対象となることもあります。
その様な場合は所得税を納めるのではありません。
確定申告については、所得税の計算の為に提出するものだと考えている人が多いですが、控除により払い過ぎた所得税を取り戻すのにも利用できます。
自分が払っている所得税が妥当なのかどうか!?これについては、自分なりに考えておくことですね。
ほけんの窓口の評判は?無料相談口コミと体験談!【予約必要?】