フォトフェイシャルとレーザー治療の関係について

肌に光を照射してトラブルを改善する治療があります。これは以前からありましたよね。その代表的なものがレーザー治療になります。知っていますか。しみ、ほくろ、そばかすなど、レーザーで治療したことのある人もいると思います。(笑顔)これも同じく光を使いますが、光の種類が違います。ですから、まったく違う治療になりますが、光を使うと聞くと、どうしてもレーザー治療と同じものだと思ってしまう人が多いようですね。

これは仕方がないことでもありますが、実は、光が違うだけでなく、フォトフェイシャルとレーザーは、治療法が違います。(汗)それでは、以前から広く知られているレーザー治療とは、どのようなものなのでしょう!?レーザー治療については、肌トラブルで使う器械を分けます。そして、部分的にピンポイントで、レーザーを照射します。ですが、この美容法については、色素沈着の問題があります。また毛細管拡張の問題もあります。

ですから、完全に安心とは言えませんよね。(汗)また、医師にも高度な技術が要求される治療法になります。(汗)その一方、フォトフェイシャルについては、肌の奥に元々ある、コラーゲン、またはエラスチンなど美肌成分を増やしてあげる治療方法になります。美肌成分を作り出している細胞が肌の奥にあります。そして、働きを活性化させます。(笑顔)